夏の肌の皮脂対策…本当に正しい!? | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

夏の肌の皮脂対策…本当に正しい!?

 

汗ばむ季節になってきて、顔のテカリや脂性肌に悩む人も多いと思います。

冬は乾燥肌なのに、夏になると脂性肌になってしまう、という人も少なくないでしょう。

脂性肌とは、皮脂の分泌が過剰で肌の油分が多すぎる状態です。

夏は暑くて汗をかき、汗と一緒に皮脂も分泌されます。

冬に乾燥肌の人でも、夏場の皮脂は2倍にも増えると言われています。

汗はかいても蒸発しますが、過剰に分泌された皮脂は肌に残ってしまいます。

また、汗が蒸発する際に肌の水分が奪われ、肌の乾燥を守ろうとして皮脂が分泌されるという悪循環

も起きやすくなります。

過剰な皮脂はテカリや化粧崩れのほか、ニキビなどの肌トラブルの原因にもなってしまいます。

夏場の脂性肌対策として、間違いやすいポイントをまとめました。

誤った対策は逆に脂性肌を悪化させてしまうので、正しいケアができているかを

チェックしてみましょう。

 

1. 化粧水を使わない

冬は肌が乾燥するのでたっぷり使っていた化粧水を、夏はテカリが気になるから使わない、

というのは間違いです。

夏場も肌の保湿対策は必要です。

肌が汗で潤うことはありません。

保湿が不十分な肌は、乾燥を防ぐために皮脂が分泌されてしまい、

逆に脂性肌を引き起こしてしまいます。

さらっとした使い心地の化粧水に変えるなどして、夏には夏の保湿を続けましょう。

 

2. 何度も顔を洗う

汗を流そうと1日に何度も顔を洗うと、必要な肌の油分が失われ、

過剰な皮脂の分泌を促してしまいます。

洗いすぎはNGです。

汗はしっかりと拭き取ることで、対処するのが正しい方法です。

この時、肌をこするようにして汗を拭き取るのは、肌トラブルの原因になります。

タオルやティッシュなどで押さえるようにして、こまめに汗を拭き取れば、

余計な皮脂分泌を抑えることができます。

 

3. 冷房の効きすぎた部屋で過ごす

冷房は部屋を乾燥させ、肌のインナードライを引き起こします。

インナードライは、乾燥肌が原因で脂性肌につながるもので、肌の乾燥を補おうと皮脂が

過剰に分泌される状態です。

乾燥した部屋で過ごすと汗もかかずに脂性肌が改善されると思われますが、

実際は肌のインナードライを進行させ、結果的に脂性肌を引き起こしてしまうのです。

肌を乾燥させすぎると、逆に皮脂分泌を促してしまうということです。

夏場も、適度な肌の保湿やケアが脂性肌を防ぎます。

余分な皮脂はテカリやニキビの原因になる他にも、紫外線で皮脂が酸化すると

肌の炎症やシミ・そばかすの原因にもなります。

正しい対策で夏の肌トラブルを回避しましょう。

 

 

秦野市のむち打ちに強いふれあい整骨院

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム