便利な「カット野菜」の気になる栄養素 | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

便利な「カット野菜」の気になる栄養素

 

値段に波のある新鮮な野菜たち…そんな時に目にとび込んできたのが、

袋に入った「カット野菜」です。

カット野菜とは、皆さんご存知とは思いますが様々な種類の野菜が、皮がむかれ、

切られた状態で袋詰めされて売られているものです。

スーパーであれば必ずと言っていいほど売っていますし、

最近ではコンビニや薬局などでも手軽に手に入ります。

中には、水洗い不要のものも多く、冷凍されたカット野菜も売られており、

買ってすぐに使えることや、包丁やまな板などが不要なので大変便利です。

丸々大きな野菜を買っても、なかなか使い切ることのできない単身の方や、

仕事が忙しく帰りが遅い方に、このカット野菜はとても人気があるそうです。

そして、野菜の高騰が続く中でも、カット野菜の値段にはあまり変化が見られません。

一つ一つ野菜を買うと高くても、カット野菜一袋に色々な野菜が入っており、

その魅力に気付いた主婦の方も多かったそうです。

そんなカット野菜ですが、便利な反面、生野菜と比べると栄養面などで劣ってしまうのではないか…

と感じる方も少なくないと思います。

実際の、どうなのでしょうか?

カット野菜のほとんどは、工場で加工される際に、水洗いと、変色や劣化を防ぐために殺菌液に

漬けてから販売されます。

家で切った野菜はすぐに変色するのに、カット野菜がある程度日持ちするのはそのためです。

カット野菜の大きな栄養素の一つがビタミンCですが、野菜を水に浸すと、ビタミンCの含有量が

減少してしまうイメージがあります。

しかし、千切りにしたキャベツを15分間水に浸した後のビタミンC残存率は、

85%ほどあるそうです。

カット野菜でのビタミンCの減少は、それほど心配しなくて良いでしょう。

しかし、市販のカット野菜は淡色野菜が主に入っているものが多く、

緑黄色野菜の量が少ないのも特徴の一つです。

1日に摂取したい野菜の量の3分の1は、緑黄色野菜から摂るべきとされているので、

毎日カット野菜だけでは、十分な栄養素を摂るには足りないと言えるでしょう。

カット野菜に、緑黄色野菜をプラスすることがポイントです。

また、冷凍されて売られているカット野菜では、ビタミンやミネラルなどの栄養素が約1年もの間、

ほとんど減少しないというデータがあるそうです。

さらに、安価な旬の時期に出回ったものが使用されていることが多く、

年間で栄養素の変化が大きい野菜(ブロッコリーやほうれん草など)も、

栄養素の多い時期のものが冷凍されている上に、安定した価格で販売されているのです。

ただしビタミンCは、解凍する過程で溶け出してしまうため、

冷凍のカット野菜は、凍ったままの状態で調理するのがポイントになります。

野菜が高くて買えない時には、ぜひカット野菜に目を向けてみてください。

上手に食卓に取り入れることで、一年中野菜を賢く楽しむことができますよ!!

 

 

秦野市 腰痛に強い「ふれあい整骨院」

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム