ブログ | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

ブログ

交通事故で一番多いのは後ろからの追突事故

1月後半から寒いが続き、路面が凍結している時がありました。

路面が凍結しているとスリップやいつもよりブレーキがきかずに追突事故になる場合があります。

ふれあい整骨院にも多くの患者さんがご来院されますが、中でも交通事故のお怪我の方は、

症状の強い方もいて、待合室で辛そうにしている方もいます。

このような追突事故には遭わないに越したことはありませんが、

相手がいての場合は悔しいものですよね。

十分に気をつけて運転したいものです。

そして、交通事故でもっとも多いのは後方からの追突事故です。追突される時の状況にも応じて、

むち打ちの症状は変化してしまうのです。

むちうちの場合、単純に前後に首を振られる場合は、軽傷ですむ場合が多いです。

しかし、横を向いていて後方から追突された場合は症状が重くなる傾向があります。

この場合、手の痺れや痛みを訴えることがあります。比較的長引くケースです。

このように、事故発生の状況によって、ムチウチの痛みも異なりますので、

一概に鞭打ちだから大丈夫!とは思わずにしかるべき診断と治療をお勧めします。

今週の木曜日は雪になるとの予報もあります。これからますます寒くなる日が続きますので、

路面の凍結や雪道には気を付けて、くれぐれもお車の運転にはご注意ください。

万が一の事故の時には、交通事故専門の整骨院までご相談ください。

秦野市 整骨院

風邪とは違う!冬アレルギーって何?

ここ最近、暖かったり寒かったりで寒暖の差が激しいですね。

インフルエンザも大流行しているようです。

風邪を引きやすいこの季節、くしゃみや鼻水がなかなか止まらなくて悩むことはありませんか?

風邪だと思っていたら、実はその症状は、風邪ではなく、冬アレルギーが原因かもしれません。

冬アレルギー…あまり聞きなれない言葉ですが、別名寒暖差アレルギーとも呼ばれます。

鼻の粘膜の神経が過敏になり、温度変化などの環境の変化に反応して症状が出ます。

具体的には、急に冷たい空気を吸い込んだ時や、寒い外から暖かい室内に入った時の温度差により、

くしゃみが出たり、鼻水が止まらなくなります。

しかし、アレルギーという名前がついているものの、花粉症やアレルギー性鼻炎のように

明確なアレルゲン物質が存在しているわけではありません。

そのため、体がその時の変化や温度になれてくると、症状は自然におさまってくるのが特徴です。

外に出た時、室内に入った時、その他にも朝布団から出た時、入浴時など、温度差の激しい時には

激しくくしゃみや鼻水が出ますが、しばらくするとその症状はピタッと止まります。

このような現象に思い当たる方は、それは冬アレルギーのせいかもしれません。

冬アレルギーの症状を起こさないようにする対策や予防方法は、血管の収縮などが柔軟に

おこなえる体づくりにあります。

例えば、私たちの体は、寒い時には体は体温を逃がさないようにと血管を収縮させたり、

暑い時には血管を広げたりと、体温を一定に維持するようにコントロールします。

これには、自律神経のはたらきが重要です。

★ストレスのない生活を心がける

★規則正しい食生活

★十分な睡眠をとる

ことなどで、自律神経のはたらきを正常に保つことができ、急激な温度の変化にも対応できる

体づくりができます。

あまりに寒暖差での症状が出やすい場合は、上着や防寒着の脱ぎ着などで、できるだけ寒暖差を

少なくすることが対策となります。

また、この冬アレルギーの症状は、寒暖差だけでなく、タバコの煙、化粧品などの刺激、

アルコール摂取、ストレスなどが引き金になることもあるそうです。

風邪ではないのにくしゃみや鼻水の症状に悩まされたら、それは冬アレルギーのせいかもしれません。

血液検査をして、アレルギーとなる原因物質が見付からなかった場合、冬アレルギーや

寒暖差アレルギーと診断されることがあるそうです。

冬アレルギーの存在はあまり知られていませんが、皆さんも頭に入れておくと、

冬場のくしゃみ・鼻水の原因が新たに解決できるかもしれませんね!

 秦野市 整骨院

冬に気を付けたい「血管リスク」

クリスマスに忘年会、お正月に新年会…年末年始からここまではイベントが多く、

忙しく過ごしていた方も多いと思います。

家族や友人、大勢でワイワイ飲んだり食べたりして過ごす時間はとても楽しいですよね。

しかし、その楽しさの裏側にひそむ、あなたの血管を傷つけてしまうかもしれないリスクを、

どれだけ知っていますか?

特に冬は、血管リスクが多い季節なのです。

冬の血管リスクのことを知り、予防意識を高めて、今年も健康に気をつけましょう。

1.暴飲・暴食

イベント続きの日々で飲みすぎ、食べすぎの毎日…

その暴飲・暴食が実は血管リスクを高める大きな原因になってしまっています。

飲みすぎや食べすぎの日々が続くと、動脈硬化が進行する原因になり、血管を衰えさせていきます。

そして過剰な塩分の摂取は、血管をボロボロにしていってしまいます。

さらに暴飲・暴食による塩分の摂りすぎは、血圧の上昇にも影響します。

新年会で食べすぎた次の日は、食事の量を減らして調整するなど、暴飲・暴食の日が続かないよう

に努めましょう。

2.睡眠不足

新年の忙しさで、実は睡眠不足の日が続いている…という方、要注意です。

睡眠不足が続くと、自律神経が不安定になり、血圧が上がってしまう傾向にあり、

血管リスクを高めます。

毎日十分な睡眠をとることで、免疫力もアップし、血管年齢も若返ります。

3.運動不足

寒い冬は、ついつい室内に引きこもりがちになってしまいますよね。

気付いたら数日間、ほとんど外出していなかった…なんてこと、ありませんか?

外に出ないことで明らかな運動不足へとつながってしまいます。

運動不足は血行不良をまねき、血管リスクを高めます。

寒い冬でも、なるべく外へ出て、体を動かすように意識した生活を送ることが、

健康な身体づくりへの近道です。

適度な運動は血管年齢を若返らせてくれます。

血管は、全身にくまなく栄養や酸素を運ぶ、重要な役割を果しています。

しかし暴飲・暴食、睡眠不足、運動不足などが重なると、高血圧や脂質異常症、

糖尿病といった生活習慣病を引き起こしやすくなります。

それらの生活習慣病は、少しずつ血管を傷付けていき、傷が重なると動脈硬化の

リスクが高まっていきます。

すると血管はどんどん、硬く、狭く、詰まりやすい状態になり、その狭くカチコチに

なってしまった血管は、最終的に命に関わる心筋梗塞や脳卒中などの「血管事故」へと

つながっていくのです。

血管をしなやかで健康な状態に保てるよう、血管リスクを減らす生活を心がけましょう。

秦野市 接骨院 

交通事故発生が多い時間帯は

今日は交通事故が発生しやすい時間帯についてお話します。

事故が発生しやすい時間帯がわかっていれば日ごろから運転時に注意するべきことがはっきりしてきます。

まずは、時間帯別の交通事故発生状況を見てみましょう。

交通事故発生が多い時間帯は、朝と夕方から夜

交通事故は、いわゆる通勤時と帰宅時に相当する、

朝の8時ごろ、夕方の17時から18時に多く発生しています。

これは単純に交通量が増えることが一番の理由ですが、朝の通勤時にはどうしても気が焦ってしまうこと、

夕方から夜にかけては視認性の低下と疲れも要因として考えられます。

明るい時間は運転しやすく、暗くなると難しくなる?

自動車の運転は、明るい方が簡単なのは誰もが感じることです。

運転時に注意すべきポイントがはっきりして、頭の回転も速い時間帯です。

逆に暗くなると運転が難しいと思われがちですが、日が暮れて真っ暗になった後は、

実はそんなに難しいと実感することはありません。

当然車はライトを点灯し、街灯が灯って歩行者の姿ははっきりし、

反射板などを利用した標識もはっきりと見えるのです。

かえって集中できるので、夜の方が運転しやすい、という声もよく聞きます。

しかし、眠気という敵が、起こしてしまった事故は大きいという結果を招いています。

死亡事故の割合は夜間の方が圧倒的に高い!

交通事故件数と死亡事故を昼夜別に見ると、その差は明らかです。

警察庁交通局が発表した「平成26年中の交通事故の発生状況」によると

、同年に発生した交通事故573,842件のうち、昼間の事故は417,458件(72.7%)に対して、

夜間の事故は156,384件(27.3%)となっています。

夜間の死亡事故率はなんと昼間の2.7倍!

一方、死亡事故は、昼間が1,994件(49.7%)に対し、夜間は2,019件(50.3%)となり、

交通事故全体に占める死亡事故の割合を示す死亡事故率は、昼間が0.48%、夜間が1.29%と、

夜間の死亡事故率はなんと2.7倍になっています。

夜間の方が、交通量が少ないためにスピードを出してしまうことや、

居眠り運転による大きな事故が多いことが考えられます。

歩行者にとって危険な時間帯は夕暮れ時

自動車の運転が一番難しいのは、夕暮れ時と言われます。

日が傾いて西日がきつく物が見づらくなり、そこから一気に暗くなってヘッドライトを点けている車と

点けていない車が混在する時間帯です。

また同じ時刻でも、秋には日に日に日没が早くなり暗くなる時刻が早まります。

同じ時刻に退勤し車を走らせても、昨日より今日の方が暗いと気づかずに

しばらく走ってしまうこともあるでしょう。

歩行者・自転車も自分を守るための対策を

夕暮れ時は、運転手から歩行者が見えづらくなる時間帯でもあります。

車での帰宅ラッシュと同じ時間には徒歩で帰宅する人が増え、

塾帰りの子どもたちや部活が終わって学生が帰宅する時間です。

運転手は早めのヘッドライト点灯を心がけ、歩行者は反射素材を身に付けるなどの自衛策を取りましょう。

また、原則として車道の走行が義務付けられた自転車も、なるべく道路の端を走行し、

エンジン音だけで自動車やバイクの動向を予測せずに、しっかりと目で見て判断することが必要です。

 

交通ルールを守って、日ごろから安全運転を心がけましょう!!

それでも、もし怪我をしたら秦野市の「ふれあい整骨院」にご連絡ください。

秦野市 接骨院

人間の冬眠状態!?解決方法の鍵は「光」Part2

 お正月は暖冬でしたが、ここ最近、急に寒くなってきました。

今週末は更に寒くなるとの事です。

週末はセンター試験もあるので受験生は風邪をひかないように頑張って下さい。

さて前回の続きです。

冬眠状態から目覚める5つのポイントを見ていきましょう.

1.朝の光

朝起きたらすぐにカーテンを開けて、日光を感じましょう。

曇りや雨の日でも、体には十分な光が届きます。

一日の始まりにたくさんの光を浴びることは、最も重要なポイントです。

2.夕方の光

日照時間の短い冬は、日光を感じる時間を意識的に長くしてあげることが大切です。

夕方、暗くなる前にベランダや明るい窓辺に行き、日光を感じるようにしましょう。

3.休日の光

ゆっくり寝ていたい休日も、できるだけ普段と同じ起床時間を心がけましょう。

朝を一定に保つことで、生活のリズムが整いやすくなります。

4.自然な眠り

寝つきが悪い人は、脳の疲れが足りないのかもしれません。

脳を最も疲れさせるのは運動です。

外で体を動かすなど、日中をアクティブに過ごすことで、自然な眠りへとつながります。

5.就寝前の入浴

人は体の内部の温度(深部体温)が下がる時に眠くなります。

つまり、良い眠りのためには、寝る前に少し体を温めるのが効果的です。

40度前後のぬるめのお湯に浸かったり、足湯などで軽く温まれば、体の表面から熱が逃げて、

深部体温が下がりやすくなります。

このように、光や眠りと上手に付き合うことで、冬のけだるさから解放されるでしょう。

まだまだ続く寒い冬を気持ちよく乗り切りましょう!

 秦野市 接骨院

人間の冬眠状態!?解決方法の鍵は「光」

皆さん、明けましておめでとうございます。

今年も宜しくお願い致します。

今年の三が日は非常に暖かく穏やかな日でしたが、

寒い冬の日…なんとなくやる気が出なくて、気持ちが沈みがちになること、ありませんか?

朝なかなか起きられない、起きても気分がスッキリしない…これは気持ちがだらけてしまっている

自分のせいではなく、実はきちんとした理由があるのです。

冬になると体調や気持ちが変化するのは、人間を含む哺乳類全般に見られる、

ごく自然な現象なのだそうです。

例えばクマの冬眠。

冬眠とは言っても全く動かなくなるわけではなく、食料が少なく寒さの厳しい冬を乗り切るために、

活動をセーブして体力を蓄えています。

人間にも冬になると、同じような現象が起こると考えられます。

冬に余計なパワーを消費しないように、体が本能的に反応しているのです。

そのため、何もしたくないなぁと思うことが増えて、気持ちが沈みがちになってしまうんですね。

ちなみに、冬に食欲が増して太ってしまう人が多いのも、この冬眠状態の現象と同じで、

エネルギーを蓄えようとしているからだと考えられます。

人間の冬眠状態には、光が大きく関係しています。

今が「冬」だと判断する大きな材料となっているのが光、つまり日の長さです。

冬になるにつれて一日の日照時間は短くなっていきます。

この自然現象が、私たちに冬を知らせ、体が自然と冬眠状態へと入っていくのです。

つまり、光を意識した生活を送れば、冬眠状態のだるさが少しは解消できるということです。

次回は冬眠状態から目覚める5つのポイントについてお話します。

秦野市 整骨院

12月は交通事故に注意しましょう

今年も残すところ1週間ちょっととなりました。12月は仕事や生活が

いろいろ忙しい時期でもあります。

そのため、気もあせって12月は交通事故の発生も多くなる時期でもあります。

寒くなってくると車での外出が増えますし、雪が降るような1月から2月はタイヤの備えも

万全となっていますが、雪が降り始める、道が凍結し始める12月が最も危険なのです。

特に注意してもらいたいのが凍結です。山の上の方ならまだしも街中だとそんなに

凍結することないと思われるかもしれませんが街中でも凍結しやすいところがあります。

それは橋の上です。

橋の上は川に沿って冷たい風が吹きますので、橋の上が湿っている場合、凍結しやすいのです。

特に夜に雨が降って、翌日が晴れた場合は放射冷却で朝の気温が下がりますので注意が必要です。

スタッドレスタイヤやチェーンは早めに準備して急な降雪に備えたり、夜間や早朝は路面が

凍結しているのではないかと用心したりする心構えで交通事故を起こす危険性を

減らしたいものです。

新年を気持ちよく迎えるために安全運転をこころがけましょう!!

秦野市 接骨院

腰だけじゃない!ぎっくり首の危険性

「朝起きたら、突然首に激痛が走った」「くしゃみなど、ちょっとした動作が原因で首が痛んで動かなくなった。」

こういった症状は、“ぎっくり腰”ならぬ、“ぎっくり首”と呼ばれ、ここ最近患者が急増しています。

「ぎっくり首とは、“頸筋症候群”のひとつで、首の一部の筋肉がかたまる“こり”が原因です。

日本の成人の約9割が首になんらかのトラブルを抱えていますが、

なかでも首こりは、首だけでなく心身のあらゆる不調“不定愁訴”の原因となる厄介な症状です。

 首こりからは、頭痛、めまい、自律神経失調症の3大症状を発症するといわれています。

しかし、実はそれだけにとどまらず、自律神経失調症から、動悸や息切れ、微熱が続く、

冷え・のぼせ、目が乾く・かすんで見づらい、お腹の調子が悪い・吐き気がするといった症状に

つながっていくことがわかっているのです。

さらに進行すると、パニック障害、新型うつ(自律神経うつ)、慢性疲労症候群を招く恐れも。

近年、首にトラブルを抱える人が急増している背景には、PCとスマホの普及があるといいます。

長時間うつむいた姿勢でいると、首の筋肉がかたまり、動きにくくなるからです。

ではなぜ筋肉がこわばると、ぎっくり首が起こるのでしょうか?

「筋肉は働き詰めだと酸素と栄養が入りにくくなり、ゆるまなくなります。

さらに代謝が落ちると、筋肉が骨や金属のように硬化。

そこで急に伸ばすと筋肉が損傷して炎症を起こし、激痛が走ります。これが、ぎっくり首の正体です」

この時、絶対にやってはいけないのが、固定したり、自分で強い力でたたいたりもんだりすることです。

レントゲンで首の骨に異常が認められた場合は、頸椎カラーなどを装着して固定することがあります。

しかし、首こりの場合、骨ではなく筋肉の異常なので、カラーで固定すると、かえって治りにくくなります。

なぜなら、固定することで、正常な筋肉にも負担がかかり、首全体の筋肉バランスが崩れるからです。

首は脳の一部で、間違った治療はさらなる不調につながると言われてます。

「首の筋肉は生命維持に深くかかわる副交感神経の要の部分にあり、

とてもデリケート。そんな大切な部分を自己流でたたいたりもんだりしてはいけません。

首こり対策の基本は“温めること”。

寒暖差の激しいこの季節は特に体全体が冷えやすいので、

日頃から首まわりを温め、柔軟性を高めておくようにしましょう。

それでも「びっくり首」になった場合は当院にご来院下さい。

秦野市 整骨院

交通事故で保険会社から早々に治療を打ち切られる理由

最近、他の医療機関に通院されていた交通事故の患者さんから「保険会社から治療を打ち切られたけど

痛みが残っているので治療してもらえますか?」という問い合わせを頂くことがあります。

治療期間も1か月とか2か月で治療終了になる方も多いです。

保険会社から早々に治療を打ち切られる理由には主に次の3つだと言われています。

1.治療頻度が低い

2.漫然と治療を受けている。

3.ゴネる、保険会社とケンカする。

それぞれの内容について説明しますね。

 

1.治療頻度が低い

  治療に通う回数が少ないと事故でのケガがたいしたことないと判断されてしまいます。

  特に初めのうちは週に3,4回以上通うのがベストです。

 

2.漫然と治療を受けている。

  治療期間が長引くと同じ治療を漫然と受けていることがあります。

  治療をうけていて、症状が少しずつでも良くなっていればよいですが、

  ある程度以上、症状が変わらないと症状固定ということで打ち切られてしまいます。

  治療にはいろいろな方法があります。

  薬や電気治療、マッサージなどありますが同じ治療で症状がかわらなければ、

  治療方法について、先生とよく相談してみる必要もあるでしょう。

  

3.ゴネる、保険会社とケンカする。

  相手も人間ですから、嫌な相手にはそれなりの対応をしてきます。

  ましてやケンカでもしようものなら、損するのはあなたです。

  例えば、慰謝料を削られたり、治療の打ち切りも通常より早くされたりする可能性があります。

  また、ゴネると保険会社の担当者がいう事を聞いてくれるという方もいますが、相手もプロですので

  ごねられて譲歩した分は他のところを削られているかもしれません。

  ケンカはいけませんが、怪我の具合や意見はしっかりと伝える必要はありますので

  そこは遠慮せずに伝えたいことははっきりと主張しましょう。

 

早期に治療を打ち切られる理由はこれが全てではないと思いますが、

特に上記の3つについては注意してください。

でも一番は事故に合わないことですけどね(^^)

 

秦野市 接骨院

 

  

 

 海苔の豊富な栄養素と健康・美肌効果 part2  

前回の続きで残り3つの栄養素についてお話し致します。

4.鉄分・カルシウム

  女性に不足しがちな鉄分やカルシウムですが、海苔にはとても豊富に含まれています。

  海苔一枚を食べると、レバーと同等の鉄分を摂取できるそうです。

  レバーや牛乳が苦手…という方は、鉄分やカルシウムを海苔から摂るのがおすすめです。

5. カリウム

  海苔に含まれるカリウムは、高血圧の予防やむくみ対策にも効果が期待できます。

  体内にナトリウムが多くなると、余分な水分をため込んでむくみとなります。

  そこでカリウムを摂ることで、ナトリウムが尿として排泄され、むくみの解消につながります。

6. 低カロリー、たっぷりのヨウ素

  ヨウ素は藻類に多く含まれる成分で、新陳代謝を活発化させる作用や、脂肪燃焼効果もあると言われていて、

  海苔にはそのヨウ素がたっぷりと含まれています。

さらに海苔は一枚約6キロカロリーととても低カロリーの食材です。

これらのことからダイエット効果が期待できるうえに、ダイエット中のたんぱく質不足を補ったり、

ビタミンやミネラルのおかげでキレイを保つことができ、ダイエットに適した食材だと言えます。

このように、海苔は栄養満点な反面、消化されにくいという面もありますので、

食べすぎには注意が必要です。

毎日の食卓に上手に海苔を取り入れて、海苔の高い健康効果、美肌効果に

期待してみてはいかがでしょう

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム