悪いストレスを減らす「3つのR」 | ふれあい整骨院

悪いストレスを減らす「3つのR」

2022.02.20

ほとんどの人が、日々様々なストレスを感じながら生活を送っていると思います。

「万病のもと」とも言われるストレス。

できるだけ嫌なストレスは感じたくありませんよね。

 

ストレスの要因は、主に4つに分けられます。

①環境的要因…天候、騒音、暑さ寒さ、有害物質など

②身体的要因…病気、飢え、睡眠不足など

➂心理的要因…不安、悩み、緊張、恐怖、怒りなど

④社会的要因…人間関係、仕事内容、多忙な生活など

特に人間のストレスは、他の動物と比べて心理的・社会的要因が大きいと言われています。

 

ストレスにも「良いストレス」と「悪いストレス」があり、個人の受け止め方や、同じ個人でもその時の体調などによっても、ストレスの感じ方は変わってきます。

例えば、昇給や出産、引っ越しなど喜ばしい出来事であっても、それをうまく適応できないと不安や緊張、そこから不眠や食欲低下といったように、

良いストレスが悪いストレスになってしまう場合があります。

悪いストレスがたまると肩こりや腰痛、頭痛などを引き起こす原因にもなります。

 

悪いストレスを減らすには、「3つのR」が有効とされています。

 

☆休憩【Rest(レスト)】

まずはストレスと距離を置くことで、自己防衛機能を高めます。

「休める時に休む」というのが基本となり、忙しい時には意識して休む時間をつくりましょう。

ストレスをため込んでしまう人は、何でも引き受けてしまうような「いい人」が多いです。

必要以上に引き受けない、上手に断ることも、自分を守るためには大切なことです。

 

☆趣味【Recreation(レクリエーション)】

仕事以外で、何か夢中になれるものを探してみましょう。

趣味の時間は、ストレスから解放されるきっかけになります。

自分の好きなこと、やりたいことにかける時間は、逆に日頃の忙しさや疲れを忘れさせてくれます。

また、「明日から頑張ろう」という活力にもなり、ストレスをため込まない人は、仕事と趣味の時間の使い方が上手な人が多いのです。

 

☆息抜き・癒し【Relaxation(リラクゼーション)】

ストレスを感じて気分が沈んだ時は、深呼吸して気持ちを落ち着かせ、心と体を解放しましょう。

自分にとってのリラックスとはなにか?

アロマオイルをたく、好きな音楽を聴く、運動をして汗を流す、ゆっくり寝るなど、リラックス方法は人それぞれです。

行き詰まった時、自分が癒されることで立ち止まり、元気が出たらまた前に進めば良いのです。

 

 

ストレスを感じずに生活するのは、とても難しいことだと思います。

しかし、ストレスを避けたり、ため込まないように努力することはとても大切です。

ストレスをうまく対処し、ストレスと上手に付き合えると、今の生活がもっと楽しくなるでしょう!

 

こちらもご覧ください!!

ストレス対策徹底解説 原因や解消法、注意したい病気 | NHK健康チャンネル

お問い合わせ

お電話でのご予約・ご相談こちら アクセスマップはこちら
診療時間

※土曜は9:00~14:00まで

◎初診、再診の方はお電話で予約を入れてからご来院下さい

住所

〒257-0011
神奈川県秦野市尾尻939-8

アクセス

小田急線「秦野駅」から徒歩5分
駐車場5台完備