無保険車両との事故で泣き寝入りしないための方法 | ふれあい整骨院

無保険車両との事故で泣き寝入りしないための方法

2021.10.17

秦野市で交通事故治療に特化している「ふれあい整骨院」です。

今回は無保険車両との事故で泣き寝入りしないための方法のお話です。

日本では、実は4台に1台以上が任意の自動車保険に加入していない「無保険車」です。

以外にもこんなに多くの方が任意保険に入っていないので、相手が無保険車の事故はとても身近なものです。

このようにもし、相手の車が無保険車のとき、自動車保険ではどう補償されるのでしょうか。

自動車事故において相手が保険に未加入で、かつ賠償するだけの財力がない場合、損害賠償請求はどうすればよいのでしょうか。

まず相手が自賠責保険に加入しているものの、任意保険には未加入の場合です。

この場合は自賠責保険に対して賠償請求できますが、限度額の超過分は泣き寝入りになる可能性があります。

自賠責保険の限度額は120万までです。

このように自賠責保険でカバーできる範囲には上限があり、損害のすべてを賠償してもらえるとは限りません。

人身事故では治療費や入通院費、入通院慰謝料など多くのお金が必要になります。

これらを全て合わせればたちまち自賠責保険の限度額の120万を超過してしまいます。

更に後遺障害が残れば治療費や介護費などが膨れ上がるので、自賠責保険で賄うことなどまず不可能です。

さらに事故遭えば車や衣服が破損することがほとんどですが、それらの賠償は自賠責保険では受けられない点にも注意が必要です。

自賠責保険は最低限度の補償を目的としているので、物損については適用外なのです。

そのため超過分は加害者への請求となりますが支払われない可能性もある点に注意が必要です。 まず加害者がそれだけの賠償能力を持っているとは限りません。

そもそも任意保険にも加入してもいない人が素直に物損の支払いに応じてくれるとは考えにくいです。

事故で相手に補償を求めても「保険未加入で支払い能力がない」など、相手側の車が無保険車である場合には、自分の自動車保険の「無保険車傷害保険」で補償を受けることができます。

「無保険車傷害保険」は、特約で補償するタイプや、人身傷害補償保険の補償内容に含まれているタイプがあります。

相手の車が無保険車だとわかったら、まずは、自分の加入している自動車保険会社に連絡をして確認しましょう。

ただし、この無保険車傷害保険は、あくまでも死亡や後遺障害の場合に保険金が支払われるもの。車両など対物の損害は補償されません。

次に自賠責保険・任意保険共に未加入の相手の場合ですが自賠責保険は強制保険であり、すべての車両保有者は加入することが法律で義務付けられています。

けれども中には、自賠責保険にすら入っていない不届き者も存在します。

では、事故の相手が自賠責保険にも加入していない場合はどうすればよいのでしょうか。

政府補償事業制度を利用する 事故の相手が任意保険はおろか自賠責保険にも加入していない場合は、“政府補償事業制度”を利用できます。

この制度は自賠責保険または自賠責保険共済からの保険金の支払いを受けられない被害者を救済するための制度で、被害者は損害の程度に応じて国から給付金を受け取ることができます。

この制度は自賠責保険と同様,交通事故のうちでも自動車による人身事故を対象としています。

ひき逃げのように相手が特定できない場合もこの制度を使うことができます。

自動車事故の怖いところは、自分でどれだけ安全運転を心がけていたとしても、事故をもらうケースがあることです。

そして、その事故相手が保険に入っていない「無保険車」で、こちらが受けた損害に対する十分な補償ができない可能性もある、という現状は十分に理解しておきたいところです。

自動車保険は、万が一事故を起こしたとき、相手への賠償に備えるためのものと思われがちですが「無保険車傷害保険」のように、事故の相手が「無保険車」で、十分な補償を得られない場合に、自分を守るための補償も含まれています。

やはり、ハンドルを握るなら、自動車保険への加入は必須ですね。

なお、今回は、事故相手が「無保険車」というケースについて見てきましたが、自分自身が無保険で運転するケースもないとは言い切れません。

例えば、帰省中に親の車を借りたものの、年齢などの条件によっては「無保険車」扱いとなることもあります。

このような状況で、運悪く事故を起こしてしまったら…と考えると、無保険車が関係した事故は決して他人事ではありません。

今一度、自動車保険の補償内容の確認することをおすすめします。

 

お問い合わせ

お電話でのご予約・ご相談こちら アクセスマップはこちら
診療時間

※土曜は9:00~14:00まで

◎初診、再診の方はお電話で予約を入れてからご来院下さい

住所

〒257-0011
神奈川県秦野市尾尻939-8

アクセス

小田急線「秦野駅」から徒歩5分
駐車場5台完備