春の不調を上手に乗り切ろう | ふれあい整骨院

春の不調を上手に乗り切ろう

2021.04.11

春は冬から春へと静から動へと変化する季節です。

冬から春は特に大きく変化する季節の為、その分、身体への負担も大きくなり、身体に不調が現れやすくなります。

季節の変化に合わせて人間の身体は変化します。

ここで重要なのが「肝臓」です。

肝臓は体内に入った食品などを代謝し、解毒・分解します。身体に溜まった老廃物を排出し、春に新しい芽を出すためのエネルギーを蓄える、とても重要な臓器です。

春は「寒暖差が激しくなる」、「天気の移り変わりで低気圧と高気圧の入れ替わりが定期的に起こる」、「入学、就職などの新生活で環境の変化が起こる」など、

身体にストレスを与えることが多くなり、それが自律神経を乱します。

そうなると「怒り」の感情が表面化し、イライラしやすくなります。

イライラは特に肝臓を痛めると同時に、肝臓が悪いとイライラしやすいと言われています

また、肝臓と関わりの深い筋肉は肩で、肝臓の悪さと肩こりの状態も比例するとされています。

そのため、肩の筋肉をゆるめたり、動かしたりすることで「肝臓」の緊張を解き、ノビノビとしたリラックスした状態にもたらします。

肩周辺の筋肉を緩めることで身体の内にこもったエネルギーを発散し、ストレスを取り除く効果があります。

旬の食材による養生法もあります。まず春野菜には厳しい冬を乗り越え、春に成長するための栄養素が蓄えられています。

春野菜の中には「苦味」成分の植物性アルカノイドが多く含まれ、老廃物の排出を助けると言われています。

更に「肝」の働きを助ける味は梅や柑橘類、酢などの酸味。その他、海草、貝類などの塩辛い味の食材も「肝」の働きを助けます。

春は大きく変化する季節の為、不調が身体に現れやすくなりますが、旬の食材で不足している栄養素を上手に取り込み、

身体を労り、静から動へのスイッチを上手く切り替えることがポイントになります。

お問い合わせ

お電話でのご予約・ご相談こちら アクセスマップはこちら
診療時間

※土曜は9:00~14:00まで

◎初診、再診の方はお電話でのご予約をおすすめします

住所

〒257-0011
神奈川県秦野市尾尻939-8

アクセス

小田急線「秦野駅」から徒歩5分
駐車場5台完備