<太りにくい?夜遅くの食事のとり方とは> | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

<太りにくい?夜遅くの食事のとり方とは>

 

 

もう今年もあとわずかですね。そろそろ年末に向けて、忘年会のシーズンになってきました。

どうしてもこの時期は暴飲暴食で太りやすくなりがちです。

今回は普段の日に少しでも太りにくい夜遅くの食事のとり方についてお話します。

夜9時を過ぎると脂肪をため込む働きがあるたんぱく質が急増し、太りやすい体になります。

ですから夜の食事は夜9時までに食べ終るのが理想。ただそうはいってもいろいろな事情で夜9時を

過ぎて夕食をとることもあります。そんな時にはちょっとした工夫で乗り切りましょう。

 

1.炭水化物は控えめに

   夜遅くに炭水化物をとると消費しきれずに脂肪として蓄えられます。ごはんやパンなどの炭水化物は

   できるだけ控えるように。

 

2.まず野菜から

最初に野菜を食べることで満足感を得られ、食事の量を減らせます。

 

3.よく噛む

噛むことで食欲を抑えたり、体脂肪を分解する物質が出ます。

またゆっくり食事をすることで脳の満腹中枢が刺激され、少ない量でも満腹感を得られやすく

なります。

 

4.夕方6時までに間食する

食事と食事の間の時間が長くなると、体はより脂肪をため込もうとします。

夕食が夜9時を過ぎそうなときは、まだ脂肪をため込みにくい夕方6時までに、

間食としておにぎりなどの炭水化物を食べます。

 

5.朝食を抜かない

夜遅く食べたからといって朝食を抜くと、脂肪をため込む働きがあるたんぱく質はますます増えます

朝食は少しでも食べるように

 

秦野市の交通事故治療に強い「ふれあい整骨院」

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム