日本人の10人に1人が?原因不明な胃の不調の正体 | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

日本人の10人に1人が?原因不明な胃の不調の正体

 

胃に関する悩みを抱えている方は多くいらっしゃいます。「胃が重たい」「食欲がない」

「ゲップが出る」などの胃の症状が出ると、多くの方は胃潰瘍か逆流性食道炎をまず疑うようです。

 

しかし、いざ病院の消化器内科を受診して胃カメラなどで検査を受けてみると、異常がなかったり、胃酸分泌を抑えるお薬を処方されても効果がなかったりと原因不明のままで終わってしまい、

困っている人が意外と多いのです。

その原因、もしかすると「機能性ディスペプシア」かもしれません。

 

機能性ディスペプシアとは

機能性ディスペプシアとはどういうものなのでしょうか。機能性ディスペプシアとは、

胃潰瘍・十二指腸潰瘍や胃がんといった異常がないにも関わらず、胃の痛みや胃もたれなどの症状がある疾患のことです。

主な症状に「食後の胃のもたれ」、「食事開始後すぐの満腹感」、「みぞおちの痛み」、

「みぞおちの焼ける感じ」などがあります。

日本では、なんと10人に1人が機能性ディスペプシアであると考えられているそうです。

原因としては、ピロリ菌感染や胃酸分泌過多、遺伝、サルモネラ感染、腸炎、飲酒、喫煙が

指摘されていますが、働く世代で多いのは不安やストレスとなります。

ここ510年、ストレスを抱えることで自律神経失調症、過敏性腸症候群、メニエール病など

ストレスに関する病気が多くみられます。

ストレスが原因となって精神的に不安定になると「パニックを起こす」、「下痢や便秘を繰り返す」といった症状がありますが、胃に関する諸症状もそれらと同様にストレスが強くかかることによって起こります。

胃の働きは自律神経に制御されているのですが、ストレスが加わることでそのバランスが

崩れてしまい、胃が動かなくなってしまうのです。

機能性ディスペプシアを悪化させる要因としては睡眠不足、食生活の乱れなど言われており、

どうしても不規則な生活習慣になりがちな現代の働き盛りのサラリーマン、OLのみなさんは

特に注意が必要です。

「胃が重たい」「胃が痛い」という症状は胃潰瘍や逆流食道炎に限ったことではありません。

ストレスによって胃の機能が損なわれた結果、機能性ディスペプシアが現れることもあるので、

是非知っておいてください。

 

 

秦野市のむち打ちに強い「ふれあい整骨院」

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム