体が柔らかいことのメリットと柔らかくする方法 | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

体が柔らかいことのメリットと柔らかくする方法

 

先日テレビ番組で、体がとても硬かったタレントさんが毎日のストレッチで簡単に柔軟性を

アップさせた!という企画を見ました。

体はやはり硬いより柔らかい方がいい、というイメージがありますよね。

体が柔らかいと具体的にどんなメリットがあるのでしょうか。

 

1.基礎代謝が上がり、血行が良くなる

体の柔らかい人は筋肉の収縮性が高く、エネルギーの消費量が多くなるので基礎代謝が上がります。

さらに筋肉も柔らかく、血液の循環が良いので全身の血行が良い状態を保つことができます。

血行が良いと浮腫みの軽減や冷え性の解消にもつながります。

 

2.疲労回復

体内の疲労物質は血流に乗って分解、排出されるので、血行の良い体の柔らかい人は、

疲労回復効果が高まり、疲れがたまりにくくなります。

 

3.怪我の予防

例えば、足首が硬い人はねんざを起こしやすかったり、股関節が硬いと太ももの肉離れを

起こしやすくなります。

体が柔らかい人は硬い人より、運動中にも大きな怪我をしにくいと言えます。

 

4.アンチエイジング効果

「体が柔らかい人は老けない」と言いますが、あながち間違いではありません。

体の柔らかさは、背筋の伸びた良い姿勢を維持することができるので、結果若々しい印象を

持たれることでしょう。

また、基礎代謝の良さが肌のターンオーバーの活性化につながり、美肌によってアンチエイジング

効果も期待できます。

 

では、体を柔らかくするにはどうすればいいのか?

体が硬い人には「静的ストレッチ」が効果的です。

静的ストレッチとは、自然な呼吸をしながら心地よい痛みを感じるところまでゆっくりと筋肉を

伸ばしていき、その姿勢を20~30秒保つのが基本です。

上半身はまず、肩甲骨のストレッチから始めましょう。

肩のまわりにはたくさんの筋肉が集まっているので、肩甲骨をほぐすことが柔軟性アップに

つながります。

左右の肩甲骨を真ん中に寄せたり、肩を大きく回すだけでも効果があります。

下半身は股関節のストレッチが重要です。

あぐらをかくように両足の裏をぴったりとくっつけて座り、両手で足の先を持ちます。

体をできるだけ足先に近づけるように倒し、両ひざを床につけるように意識します。

ストレッチは基本的に体が温まった状態で行うのが効果的です。

体が冷えたままだと逆に筋肉を痛めてしまう恐れがあるので注意してください。

お風呂あがりが特におすすめです。

毎日続けることでどんどん体が柔らかくなっていきますよ!!

ぜひお試しください。

でも無理は禁物です。強くやりすぎると逆効果で筋肉を傷めますのでご注意を!!

 

 

秦野市 ふれあい整骨院

 

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム