男性だけじゃない加齢臭の原因とその対策法 | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

男性だけじゃない加齢臭の原因とその対策法

 

年齢を重ねるにつれ気になる加齢臭。

よく「おじさん臭い」とか「枕カバーに加齢臭が・・・」なんて話を聞きますが、

そもそも加齢臭のメカニズムを知らない人も多いのでは?

私も妻に言われることが・・・

そこで今回は、加齢臭の原因と対策、避けたほうがいい生活習慣についてポイントを

ご紹介したいと思います。

加齢臭とは?

そもそも加齢臭とは、体内が酸化することで生じる老化現象の一種です。

30代半ばから40代を境目に加齢臭が発生しやすくなるため、“おじさん臭い”と

言われてしまうわけです。

しかし、加齢臭は男性に限った現象ではなく女性も同じ。

アラフォー以上の全ての男女に可能性があり、原因を放っておくと加齢臭を

防ぐことはできません。

年齢を重ねると体内で過酸化脂質が発生しやすくなり、それがパルミトオレイン酸(脂肪酸)と

結びつくことでノネナール(皮脂が酸化して発酵)へと変化した臭いが加齢臭です。

ところが最近は、乱れた食事や生活習慣の影響で20代の男女でも同じ現象が起きるケースもある

ようで、もはや加齢臭は“おじさん・おばさん”だけの問題ではありません。

加齢臭を防ぐためには体内でノネナールをつくり出さないように防ぐ必要があり、

毎日の食事や生活習慣に気を配りながら予防することがポイントです。

加齢臭を消す・防ぐ対策は?

加齢臭の原因であるノネナールは、「パルミトオレイン酸」と「過酸化脂質」が結びつくことで

発生するため、この2つを体内に蓄積しないようにするのが加齢臭対策の基本。

パルミトオレイン酸は脂肪の多い食品に含まれており、とくに脂質が目立つ加工食品は

要注意です。

たとえば、サラミやベーコン、ウインナーやプロセスチーズなど要注意。

ほかにも、脂肪分の多い牛肉もパルミトオレイン酸を体内で増加させる原因に

なってしまいます。

つまり、脂肪分の多い食品を日頃から摂取している人は加齢臭が出やすくなるのです。

さらに、過酸化脂質も加齢臭対策にとって重要なポイント。

体内に活性酸素を取り込むと過酸化脂質が増えやすくなり、

パルミトオレイン酸の働きを強くしてしまいます。

活性酸素は紫外線を浴びたり不健康な生活習慣だったり様々な要因により体内で発生しますが、

とくにストレスや喫煙、寝不足や運動不足、不規則な生活リズムやバランスの悪い食事など

好ましくありません。

体内の「活性酸素を“消す”栄養素」=「抗酸化作用が期待できる食品」を摂ることで

過酸化脂質を抑制し、ストレス解消や有酸素運動などで体内環境を整える必要があります。

「抗酸化物質」を代表するものの中には、「ポリフェノール」や「カロテノイド」が挙げられます。

「ポリフェノール」はブドウやブルーベリーの「アントシアニン」や

お茶に含有される「カテキン」、コーヒーの「クロロゲン酸」が有名ですが、

これらは嗜好品であり、昔から世界各地で取り入られてきました。

一方の「カロテノイド」は、かぼちゃや人参などの色合いがはっきりとした緑黄色野菜に

多いとされる「βーカロテン」やトマトの「リコペン」があります

加齢臭をつくり出すノネナールの発生を防ぐためには、パルミトオレイン酸と過酸化脂質を

体内から取り除くことが重要なポイントなので覚えておきましょう。

生活習慣と食生活を見直して、ぜひ「臭い」も健康的な身体になってくださいね。

 

 

秦野市 ふれあい整骨院

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム