熱帯夜に試してほしい快眠法 | 骨盤矯正や交通事故の秦野市・ふれあい整骨院

秦野市・ふれあい整骨院│骨盤矯正や交通事故の痛みは当院にお任せください

header tel201712

fureai seikotuin

熱帯夜に試してほしい快眠法

 

 

今年の夏は異常に暑くて、熱帯夜が続いていますが皆さんはちゃんと睡眠がとれているでしょうか?熱帯夜が続いて上手く眠れないと、睡眠でとれるはずの疲労も翌日へ持ち越されてしまいます。

夏の疲労対策のために、熱帯夜に試してほしい快眠法をご紹介します。

身体に合うものがありそうでしたら、ぜひ試してみてください。

 

1、エアコンは寝ついてから3時間はつけておく

寝床につく30分前からエアコンをかけて、室温を2627度、湿度を5060%にしておきましょう。眠りはじめの3時間は深く眠りやすいので、3時間で切れるようにタイマーをかけておくとエコですよ。でも私はタイマーが切れるとすぐに起きてしまうので、最近は室温を28度に設定して朝まで

つけっぱなしです。エコではないかもしれませんが朝までぐっすりです(笑)

 

2、扇風機の首ふり機能を使う

理想的には身体に直接風を当てず、上空に風を送って空気をかき混ぜるようにすると、

負担が少なくなります。はじめは物足りない感じがしますが、しばらくすると弱いながらも

風を感じることができるはずです。

 

3、場合によっては裸で眠る

裸で眠った場合はパジャマを着ているときより3度高くても快眠できると言われています。

最初は何だか変な感じがしますが、しばらくすると慣れてくるようです。

この場合はお腹を冷やしすぎて体調を崩したりしないよう、十分に気をつけてください。

 

4、「脳を冷やす」ことを意識する

脳の温度がきちんと下がると、グッスリ眠れます。熱が出た時に使う保冷枕や、昔ながらの氷枕が

おススメです。少し値段が高めですが、専用の保冷剤を内蔵した枕を使うのも良いでしょう。

肩コリなどが酷い方は冷やしすぎて血流が悪くならないように注意です。

 

5、眠る前に500ミリリットルくらいの水分を余分に飲む

熱帯夜になると、一晩で500mlの汗をかくことも珍しくありません。

これだけの水分と塩分を失った後、暑い日中にさらに汗をかくと 熱中症になりやすくなります。

また、早朝には血液が濃くなっているので、心筋梗塞や脳卒中の危険性が高まってしまいます。

でも、あまり飲みすぎると夜中にトイレに行きたくなるので飲むのはただの水にして、

飲みすぎないように注意しましょう。

 

いかがでしたか?

私は1,2、5番を実践しているおかげか毎日快眠です。

夏は暑さと冷えの両方に気をつけなければならないので、体調管理がとても難しいですよね。

暑くて眠れない夜にはぜひ試してみてください。

 

 

秦野市 接骨院

診療時間

【休診日】日曜日・祝祭日

★土曜日は9:00~14:00まで

◎予約の必要はありません。
◎往診も行います。お気軽にご相談ください。
◎受付時間内に来ていただけると施術できます。  

ふれあい整骨院 電話番号 メールフォーム